ウエス・アンダーソン

-

あなたがミスターアンダーソンの作品の大ファンなら、このビジュアルエッセイは必見のものだ。この動画は監督作品の深い層を教えてくれて、哀愁、感情的な限界、責任感と絆などがどんな風に若いキャラの人生に出てくるのかを分析するものだ。

-アンドレ-ナキアンウイーラー、「ムーンライズ・キングダム&王家のテンネバム」のような映画分析。

「ウエスアンダーソンの映画に姿を現す少女たちは深い知性があるのに背が低いという大きな負担を負う」ブルベイカー氏が述べて、彼がこの発言を続行する前はアンダーソンの沈黙の不安定な長さに続けられている。「大人は決して子供の質問を退けたり、謙虚に話したり、子供の言うことを軽視したりしない。これは子供が知覚の鋭くて本来的に賢いというアンダーソンの信じることを教えてくれる」

 

ウエスアンダーソンの気まぐれな子供時代は以下のようなものになります

 

raison d'être

最初の感覚は松だった

今私が思い出すのは 

学校の初日はとても怖かった

引っ越したばかりで、

みんなはスペイン語で話しているけど、私はかろうじて英語ができる

暇なときは、遊び場で過ごしていた、

遊び場だよ。

ここは塀に囲まれて、

反対側にある松がよく見える

見られたがっている松

そこに向かった

私は鼻を枝に接触した

私が生まれたときの匂いを感じた

繊細さも感じた

松が私の手を握ってくれるのが聞こえた、

心に触れる

松は英語ができなかった、

スペイン語さえできない松だ

これは口ごもったり、かさかさ鳴ったりした松だった

黙っている松の気持ちがよく分かる

松は静けさが友達だと言ってくれて、この友達は言葉なしでいろいろなことを言いたがっている

私の涙は松を濡らした

松が植えた

緑色ぐるみの松だった

緑色でびしょびしょに濡れている

pine was the first sensation I ever felt.
I remember,
my first day of school I was so afraid.
I had recently moved,
the people spoke Spanish and I could barely talk English.
our free time was to be spent at the playground,
the playground.
a fence surrounding the playground,
pine on the other side peeking through,
softly demanding for its presence to be known.
I drifted to them.
I rubbed my nose up against the branches,
I could smell birth, mine to be precise.
I felt the frill, the delicacy,
I heard the pine hold my hand,
touch my heart,
pine didn't speak English, 
pine surprisingly didn't even speak Spanish,
pine spoke in rustles and hums,
In silence so full you understand.
pine said silence was a friend, a friend who had a lot to say but not in words, no foolish words.
My cries watered the pine,
The pine grew.
Pine dressed in green
I'm drenched in green.  - t.f.

 

私の考え ...

繊細な人ではない

 

柔らかさ、静けさ

. これらは明らかにされていない強さ

19095961_308847182887243_592292412_o.jpg

癒された

本当だ!同時に2つの人生を生きるのは可能だ

ブルーベル

歌って、踊って!私は二度と一人になりたくない

旅行日

 

#シテイーの日記

 

4時間の遅れ、3時間のフライト、6本のレモネードジューズの後はニューマークに到着できた。

繰り返された音楽が聞こえる:

キーナンミルトンのバラド

デべンドラバンハート

airplane read: just kids by patti smith

outfit day 1: 

anthropology dress

prada boots

朝食:エピストロフィー (Epistrophy)

残りの日私はグラマシーとブライアントをスキップをしながら歩いて過ごしていた。私は美しいユリの花を買ったけど、実際にこの街に住んでいないので、このユリの花をカフェダンテにいた機嫌の悪そうな女性にあげた。最後はこの女性が泣いて、自分に何かもぐもぐ言って、笑ってしまった。その後はルlucyという名前をつけられる太りすぎのピットブルのところまで走って行った。初めて会ったのになんとなく他の人生で仲間になったと感じた。

私はほとんどチェルシーのカフェに機嫌の悪く過ごしてオスカーワイルドを読んでいた。ドリアングレイの写真。本からの引用:

温風は、スパイスを積んだようでした...
pg. 114
オスカルワイルド

私は、偶然かわいい夫婦が運営するアラバスタ書店と呼ばれている書店を見つけた。私が覚えるのは7冊の本と1枚のドリアングレイの写真を買った。(買ったものをフェデックスで送るしかなかった。自分でこれを持って帰るのに耐えられなかったからだ。

デイナー:タシャ(姉)と一緒にタイ料理テイクアウトを食べた

夜中次の日のことを心配したままで眠ってしまった。

私の絵

#doodles

 

アートのアドバイス

目を閉じて絵を描く

気持ちを表現するよ

暗闇は本当に美しいものに至らせる

タイトル

友達 (amigos).

タイトル

アップルソース

タイトル

イケメン男性   

タイトル :

ムーンバケット

 

タイトル :

表題のない顔