デヌデ雑誌

01.png

デヌデ雑誌は独立した出版物で、誠実で親切な女性向けのものです。モダンでミニマリストスタイルの立場から、現代の女性との本格的な会話だけでなく愛されている商品も中心にして、時間を超越した女性についてのデヌデの見方を紹介しています。

デヌデ雑はどうやって生まれましたか

デヌデ雑が始まったのは私が雑誌で見たかったファッション業界の部分に合わない最近のファッションメディアのためでした。本当に興味のあったファッションの他に、全く知らないブランドだけでなく女性達へのインタビュー、愛らしくそうなファッションデザイナーと誠実で思いやりのある考える人を見たかったです。私にとって、私が見た雑誌の才能は社会的な支持者によって決まったものです。それに対して、デヌデ雑誌は平穏な選択のように始まって、流行っていることや新しいことなどのテーマに関係がなかったと思います。私が誇大な宣伝ではなく、創作が大好きな女性を信じているのはその女性は信じることを通じて世界にやっていることを示すからです。これは間違いなくファッション業界にばっちり合っていると思います。考慮が大好きです。

記事を書くときはスケジュル、いつもの手順がありますか。それとも、毎日雑誌を中心にして働きますか。

インターネットで記事をシェアしないということは私がよく自覚している決定です。ほかの多くの雑誌はインターネットにいろいろなオンラインコンテンツをアプロードしているが、それは必要ではないと思います。ファッションを楽しめるために絶えず服とか商品を買う傾向も必要ではないです。このアイデアは、普通の雑誌に言ったり売ったりされているのは言うまでもない。ですから、デヌデ雑誌は完全なアイデアを思いついてからでないと雑誌は作れないという方法を採用しています(最初から一年間に一回やっています)。いつもデヌデ雑誌のことを考えています。例えば、私がどうやって雑誌を改良できるのか、どうやって次の号が流行っていくのか、できるだけ250ページに多くの面白い女性達とアイデアを加えるのもどうやってできるのかという質問は頭の中に出てきます。

雑誌の読者にどんなメッセージを伝えたいのか

デヌデは主にスローファッションを伝えています。熟考したメッセージを伝えるファッション業界に女性のイメージを目立たせることを目指しています。実はみんなに言いたいのはファッションは自分の生活の楽しい部分で、私達が多量の服を買うからといってお洒落になるわけではないというメッセージです。これも間違いなく環境に影響してしまうことも明らかにしておきたいです。私達にとって、次第にクローゼットに服を加えることも、私達が買うものだけでなくその意味も考えることも非常に大切です。これについてみんなを考えさせておきたいです。ファッション業界のリーダーにも、新しいデザイナーにも、アーテイストにも、聞いてみたのはみんながこの作品を作る動機はどんなものなのかということでした。それに、私は女性がアクセサリーや服を着たときにどんな気持ちを期待しているのか、アートワークを見るときに女性にどんな気持ちを感じてほしいのかもデザイナーに聞いてみました。読者にデヌデ雑誌に伝えてほしいのは親切であることは美しく、ファッションに関係のあることを習うのも大切だということです。私達は舞台裏で女性たちが作っている作品についても読者に伝えます。実は、私達にとっては知性がセクシーであることは最も大切です。デヌデ女性は強くて思いやりのある人です!女性にはデヌデを読むことによって成長するように感じてほしい。

デヌデ雑誌はたった六つの言葉で女性を表現できるのですか

誠実、頭がいい、思いやりのある人、美しい、セクシー、繊細。

最近、どんなコンセプトがあなたに影響を与えていますか?        

正直色々なことは私に影響を受けてきましたが、デヌデの次の号のために次のようなものを探しています。概念のレベルで、香りがインスピレーションを与えてくれます。ということは、香りは最も美しい思い出を呼び起こして、あるときに私達の感覚に合う思い出を作るのを手伝ってくれるものです。このレベルでも、私達が鼓舞することとは違うものになる方法を発見できました。ですから、私達は自分に創造するよう挑んだり、私達自身の中に新しいことを探したりしなければなりません。これはニュールックをやってみるときにも、私達が何をしなければならないのかを理解するときにも適用されると思っています。それに私達が誰と仲良くすればいいのかを知ることも大切です。これは全体的に独創力に関係があることで、私達がなるべき人になります。それに、生まれながらにして定められたことをしています。

基本的に、ベージュ色と茶色だけではなく1980年代の古着やエルズワース・ケリーとジュディ・マッキーの作品なども私に影響を与えると感じています。私は最近、昔と現代の宝石職人も見ています。特に印象指輪を作っている人に興味があります。フランスの新しいロマンチシズムと性的魅力の概念にも触発され、セクシーの意味を再定義するフランスの女性を探しています。性的魅力に触発されていますが、これは切り詰めた性的魅力です。

私もロマンチックな人で、いつも愛に触発されています。現代のカップルが話しているのを見ると、どのように相手は自分の服を着方に影響を与えるのかと深く考えています。なぜ人的交流が日々の生活でそんなに肝心なのかに興味があります。

好きな香りは?

私はDiptyque’s Oud Palao、トムフォードのFleur de Chine、新鮮なバラの香りも大好きです。

写真撮影の不可欠なものは何ですか  

ヴィンテージシューズ! 特にフランスのヴィンテージシューズ。

このシーズンの必要な服とアクセサリーは何ですか

 

A.P.CのHiver 87 Tシャツ

グレーボックスブレザー。サンドロのブレザーは最高です!

90年代のヴィンテージのグッチサンダルまたはヴィンテージハイヒールサンダル(ゴールドまたは緑色)

リーバイス501ジーンズは、足首の真上でカット。

男性用のダーウインのゴールドブレスレット

印章指輪、各手に一つのリング。

クラシックエルメスベルトまたはエルメスのブラックxゴールドベルト

ヴィンテージのひざ上のスカート、セクシーなスタイル

The Bodysuit of Barcelonaのボデイースーツ

イサベルマラントのボンバージャケット、あなたが楽になりたいときに絶対!

Realisation Parのビアンカトップ(ネイビーと白)

11.jpeg

近い将来または遠い将来のデヌデ雑誌を読めれば、何を期待することができるのか。

今、デヌデはいつもの通り時間を超越した作品を探しています。次の号のために直線と単純な模様があるデザインを使おうと思っています。最近、私はインターネットで見る女性と周囲の女性に興味を持っていました。周囲の女性は癒しとセンスを中心にして勉強しています。これをもとにして次の号は特別版になります。なぜならば、私達は洗練がセンスと同じであるというアイデアを提出するときに出版物が発売されるからです。次の号は洗練されたもので、非常に人気があるときにデヌデ雑誌が作られます。来年私達は次の号を発売しようと思っていますがこれはただの出版物ではなく、非常に時間がかかります。将来、デヌデが間違いなく私と一緒にいます。デヌデは必要なことを明らかにするという意味です。ですから、私達は将来のスタイルがどうなるのかを明らかにしようと思っています。

 

ローリーさん、素晴らしいインタビューでありがとうございます!

-T

 

 

ネヴィア・パブレテイク

ネヴィア・パブレテイクはビジュアルアーテイスト、撮影者ですが、一般にクロアチアの出身の美しい人です。今回はネヴィアさんの方法、選択、愛好などをご紹介いたします。

 

 

ネヴィアさん、経歴について話していただけませんか

私は我流のアーテイストで、2年前ぐらいから(2015年の九月)アートを作り始めました。そのときは、大学を卒業したところで(文化人類学)、私が将来何をしたいのかを明らかにすることができなくて不安になってしまいました。教科として人類が楽しかったが、正直やりたかったのはアートでした。どんなに難しそうに見えても、それをやってみたいと思いました。最初からアートをするやる気があったように感じていました。「これは絶対運命だ!」のような感じになりました。まるで自分の体が新しいことを作るようにと励ましてくれたように感じられました。翌年をアートに打ち込んで過ごしました。私は独自のスタイルが発見できた自信があるまで毎日何時間も手法やスタイルなどを使ってみて過ごしました。インスタグラムに載せて作品をシェアをし始めて、だんだん私がやっていることで協力してくれたがっているアーテイストとアートコレクターからの質問を受けました。我流のアーテイストなので、アート業界と繋がりがありませんでした。それだから、こんな偉い人は私の作品やスタイルに興味があることだけでなく、支えてくれることも喜ばしくて最高でした。今思うのはずっとアートに打ち込んでいたかいがあって、アーテイストとしての自信を得ることができました。

 

 

アートを作る動機を説明してもらえませんか

実は、アートを作る動機がいろいろあります。一部は言語で伝えることはできない感情、気持ちを表現する方法を探したと思っています。私がいつも考えているのは世界の見方が仲間とは全然違う気がすることです。それにアートを通して、現代社会の世界の期待に繋がるプロセスの中にあるいつも無視した気持ちをなぐくむようになりました。私にとって、アートは世界の周囲だけでなく人間であることの経験にも密接に繋がる方法だと思います。その上に、最も引かれるのは美しさ、美的感覚のあるもの、グッドデサインでした。無類の美しさのある作品を作ることだけでなく楽しむことも人生に大喜びも成就ももたらしています。音楽を聞いても、カメラで日常生活のビデオを撮っても、私はいつも美しいものを探しています。

 

ネヴィアさん、あなたの創造的プロセスを説明してもらえませんか。それに、これはどうやって始まりますか。

 

そうですね、私の創造的プロセスはとても直感的だ。前もって計画を立てたり、思いついたことをスケッチしたりすることは必要にならなかったと思います。私はむしろ心の中に残っている感情と気持ちをもとにしてプロセスを始めています。最近、心の中に残っている脆弱の気持ちで心配になってしまいました。なぜならば、人生がそれ自体もろくて無邪気であることに気づいてきたからです。私は、これを考えると悲しくなってしまうと同時に周囲のことに対して幸せと愛の気持ちを与えてくれる。私の絵が色、形、線などの抽象的なことを通じてこういう気持ちと感情を表現してくれます。

 

 

作品を作るための肝心になる材料は何ですか

あなたのアートと一緒に材料が変化するのを感じたことがありますか。もしそうなら、現在使っている材料には特別な意味がありますか。

 

良好な紙が不可欠だと思います。珍しくてオーガニック色彩のある粗目の紙が大好きです。実は手作りの紙が大好きです。なぜならば、それぞれの一枚の紙には色彩変化があるからです。最近、私が気が付いたのはもう慣れてきたテラコッタ色の紙の代わりに青色、赤色、鮮やかな黄色のような明るくて刺激的な色の紙を使うようになったことです。これはどういう意味になるなのかよく分からないんですが、もうすぐ隠された意味が明らかになるを確信しています。

色については、パレットは?

 

素晴らしい、オーガニック、調和のとれたものです。

ネヴィアさん、あなたの旅行について話してもらえませんか。これはどうやって人生に影響を受けたのかを説明してもらえませんか。

 

毎夏、母国(クロアチア)へ旅行します。ここ数年、旅は死と時間の流れについて深く考えさせました。私の祖父母を訪問するたびに、祖父母が年を取ることだけでなく私がかつてよく来た家がゆっくり変わっていることも気がつきます。いつも祖父母のアパートに泊めます。これは私が生まれた病院の隣にあります。私にとってこの経験がおかしい。死と出生の並列は深い不安を引き起こさせて、何も死を免れないことと万物の無常性を思い出せます。私は年を取るにつれて年が速く経つように感じています。例えば、毎夏旅行するにつけ、時間の跡がまだ大好きな場所と人々に残るのに気がづいています。死に対しての不安は今私が戦っている気持ちですが、これもアーテイストとしてインスピレーションをひらめかせます。私の作品は時間の流れ、人生と死の周期、存在の神秘などのテーマを中心にしているものです。

ネヴィアさん、あなたのアートを通じてどんなことを言いたいですか

 

私のアートを通じて私の中にある世界を伝えると期待していますが、そうできなければ従来の伝え方を通じてできない。ほとんどのアートはこの目的に応えるものであるほかに、見る人にアーテイストの主観的な経験に対する深い洞察を与えると思っています。アートは自分達の最も親密なことを伝えるものです。これは私の立場から言うと人間のありように対しての誠実で徹底的な方法です。最終的に、アートは自叙伝のものだと思うます。

来月ネヴィアさんの作品が展示されるのはどこですか

 

最近、画廊に作品を展示するための手続きをしていますが、来月これについての詳しいことをシェアします。このチャンスを通して多くの聴衆に私の作品が紹介できることだけでなく来年協力が増えることも期待しています。

 

最後に、もしネヴィアさんが今の人生に触発されたプレイリストを作ったら本当に喜びを与えると思います。

 

1)        Althea and Donna - Uptown Top Ranking

2)        Claude Debussy – Clair de Lune

3)        Cat Stevens – Moon Shadow

4)        Buena Vista Social Club – Chan Chan

5)        Jasna Zlokic – Skitnica

6)        The Gladiators – Chatty Chatty Mouth

7)       The Beatles – Let it Be

8)        Pedro Infante – Las mañanitas

9)        Manu Chao – Bong Bong

 

 

 

 

 

 

ネガテイブアンダーウエア

Screen Shot 2017-06-22 at 10.51.40 pm.png

ニューヨークに在留しているマリッサとローレンはデザイナーで、他の女性と一緒にストレスのないブラの経験をさせてくれました。これは自分の体にぴったりと合って、私たちのことを考えるセクシーなブラですよ。このおかげでブラを並び替える必要がなくなります。ですから、朝から夜までの感じ方を変えてくれたこの二人に心を込めてよろしくと伝えたいものです。これはまさに私たちを応援してくれるブラですよ。

このブラはびっくりさせるほど体を楽に動かせるものですよ・フリルや羽毛がもう要らないです。- Marissa & Lauren

その経歴を教えてもらえませんか

 

ローレンに会ったのはペン大学の一年生のときでした。彼女とすぐ友達になった理由は私たちがファッションの同じ愛を共有したからです。私達は自分のスタイルが自分の創造力を表す機会だと思っています。ファッションは魅惑的なものですよね。ファッションは自分の見かけを変更することだけでなく自信を作ることもできるものです。それに、これは存在も作れるし、何も言わず通信することができます。これは本来私たちが感じたことです。

私たちがそんなにアンダーウエアに熱心ではなかかったということは要点だったと思っています。ファッションが大好きな二人の女性で、私たちが自分の見た目についてすこし考えるにもかかわらず、私達が下に着た服を無視することに気がつきました。この経験をきっかけにネガテイブの生まれが必要になったと感じている。なぜならば、私達は下に着ることを誇りに思わせるものを作りたかったからです-本当に多くの女性に下着を気にする理由を与えりたい-マリサ.

ネガテイブアンダーウエアを始めるきっかけは何ですか

 

本当の問題に応えるファッションのものを作りたいでした。私達の立場から見ると、これは下着でした。私達が見た通り、下着は長い間無視されたカテゴリーで、多くのその不満な消費者が必死に代替を探していました。この状況に対して、普通とは違う新しいものを作ると思つきました。

ネガテイブは長年もかかったプロジェクトでした。ローレンと私は別々の会社にフルタイムで働いたときはファッションのキャリアを追求すると決めました。それで、私たちはFITの夜間授業を一緒に始めて、その時からファッションのキャリアが大きくなってきたのです-マリサ

どんな女性はNUを着ているのですか

 

NUはデザインに夢中した女性よりもはっきりした考え方の女性向けのものです-マリサ

最近の下着コレクションに参加した有名人は誰ですか

 

マイリーサイルス、アレクサチュング、クレオウエイド、ハナーブロンフマンのような素晴らしい女性が応援してくれて、本当にラッキーだったと思っています。私たちが憧れているこの女性が毎日の衣服としてネガテイブを着ているのを見たことがある-マリサ

デザインするときの必要なものは何ですか

 

生地とインスピレーションが必要です!

ほとんどのデザインプロセスは織物を基にしたものです。わざとミニマリストのデザインなので、細かいものに夢中です。ゴム紐、カギホック、かゆみのないタグのためにがリボン切地にラベルが熱転写される方法などを気にしています。こういう細かいものに拘っています。

 

生地といえば、肌に美しく見える織物を探しています。(下着を作るために快適さと機能非常に大切だと思っています)。さらに、私たちはスペシャルなものを作ることを狙いました-フリルのランジェリー世界に際立つ型通りのエッジです。これはあまり地味ではないが、着ると退屈な感じになるものです。同じ色の異なる色合いを使ったプリントが大好き!これは愛嬌のあるデザインにならなければならないと期待しています。予期されるものが嫌だ!-マリサ

仕事場の大好きな所の特徴を述べてもらえませんか

 

ソホに働いていたときはブルーム通りとグリーン通りの交差点に面する不思議なコーナー窓がありました。ここはソホの慌ただしい人生が流れているのを見下げるこたがえきました-リラックスするためにいつも新鮮な空気の息を吸うのが必要でした。これこそなぜニューヨークに住むのがスペシャルであることを思い出させました。-マリサ

仕事をしているときのスケジュルとかありますか

 

スケジュルが全くないです!笑-まだ小さいチームなので、毎日の仕事は多くの帽子を被るほど本当に様々です。

Screen Shot 2017-06-22 at 10.51.40 pm.png

写真撮影は不可欠ですか

 

ポータブルスチーマー、ボディクリーム/オイル、使い捨ての下着、暖かいローブ - スタジオは常に肌寒いです!

あなたは将来何を期待しているんですか

 

我々の下着の帝国を作り続けることを期待しています。ターゲットだけでなくスタッフも増やすのが確かに必要ですよね。-マリサ

 

グレイス・ウエトル

ロスアンゼレスに在留する女優とモデルのグレイスウエトルは自分のキャリアについてのびっくりさせるほどの経験を説明してもらいます。それに自分の人生の熱愛も教えてもらいます。ポジティブなエネルギーの持ち主で、楽観的な古い魂です。

こちらはグレイスです

あなたの背景について少し教えてください。

私はミッドウエストシテイーの女性です。お母さんはサウスダコタ出身、私が住んでいたのはミネソタ州でした。ミネソタ州の小学校と中学校で勉強していましたが、13歳のときはロスアンゼレスに引っ越しました。

なぜモデルになりたかった動機は何ですか

13歳のときは脳幹神経膠腫腫瘍と診断されてしまいました。私の腫瘍のための標準的な治療法がなかったので、私はより自然な治療を選ぶことに決めました。健康な食生活とホリステイックの治療を中心して, 夢を追いかけました。診断された後はキャリアを追求し始めました。

 

下にあるTEDのグレイスさんの発表の動画を見てください。

Screen Shot 2017-06-14 at 6.22.03 PM.png

あなたは仕事に行くときのスケジュル、ルチーンがありますか

写真撮影ならびに映画製作のときに期待できないことがあります。例えば、ある日写真撮影用背景を使う仕事もあるし、翌日はマイナス20度の天候でビルの屋上の仕事もあるし、ルチーンはできないです。それでも、まだ未成年なので学校に通うのは必修ですね。実は私にとってこれだけはルーチンに似ていることだと思っています。

レストラン、広場などの時間を過ごせる普通の場所があるとしたら、どんな場所になりますか­。

 

タオフッドというミネアポリスにある小さい喫茶店があります。そこで売られているすべての食べ物はとてもおいしくて、店に素敵な小間物もいろいろそろっている。その店に行くのが大好き!グリーンジューズを飲んだりしてのんびりできます。

最近のインスピレーションは何ですか

私が住んでいる近所に恋しています。ビバリーヒルズに住んでいて、ロデオドライブという多くの有名な映画スターが住んでいる地区から2ブロック離れた場所を歩き回りながら店や場所の建築を楽しめます。店から近くに住むのが好きで、オンラインストアの写真を見るというより自分で全ての新しいコレクションが見ることができるからです。

ファッションの中で一番好きなのは何ですか

 

正しく、私が大好きなのはみんなが自分のスタイルで自分の気持ちを表現することです。あなたは好きな服を着て、欲しいものを作り出せます。みんなは創造力的な人だから、こういう人に囲まれているのが最高!

unnamed-3.jpg

クロエのためにモデルしたときの宝物のように大切な思い出は何ですか

クロエの撮影はTeen Vogue X parsonsというプロジェクトのためでした。そのときの撮影場所はタイムスケアーの真ん中。タイムスクエアーにいた多くの人に見られて落ち着かなかったです。そのほかに、大通りの真ん中で撮影したときに多くのタクシーにひかられるところでした。すごく危険でした!

あなたは将来何を期待しているんですか

2017年は素晴らしい年になると思います。仕事に刺激的なことがあって、今年がどうなるのかを知りたくてしょうがない。それに、やっぱり最近やっている仕事を世界に見せたいものです。

 
 

レネーフィリップス

ニューヨークに在留している視覚芸術家のレネーフィリップスは人間と自然の間の会話について説明してもらいます。都会生活の立場からの思いになります。優しくて自由な精神です! 唯一の無二のレネーフィリップス。

あなたは仕事に行くときのスケジュル、ルチーンがありますか

私の仕事の柔軟性が大好き!でも、毎日インスピレーションを生かすのために大切な活動をやっています。朝の散歩をしながら深く考えるということは不可欠で、スヌープドッグというヒップホップの歌手もそのルチーンをやっているそうです。私が住んでいるチェルシーにも仕事しているから、ハッドソン川まで歩きながら環境に馴染むだろう。多分写真を撮るのか、手帳に感じていること書くのかはまだはっきりしていなくても私の心がインスピレーションと新しいアイデアに繋がります。すると、アートスタジオに戻って、色と姿を使って新しいコンセプトを働き始めます。基礎としてカラーパレットを選択します。自然、旅行、ニューヨークなどの以前見たことはある背景に基づいてインスピレーションが湧いてくる。

あなたのインスピレーションは何ですか
時間の流れは不思議です。スタジオで働いているとき、私は作品が自体を明らかにさせながら私達が経験している時間は錯覚だと考えます。実際に、周囲も多くの点では私を鼓舞しています。例えば、自然とその周期(出生、崩壊、変化)や都会とその崩壊と進化。都市は絶え間ない進化するにつれて自然に人間がやってきたことを破壊されてしまって、崩壊と出生の会話が明らかになります。
作品の技術は説明してもらえませんか
 
錬金術のファンです。実は、これは現在の錬金術の中世の祖先で、私のアプローチはスタジオで用具の性質を調べることに依存しています。混ぜたアルコールと水と共にアクリル塗料を操作して、濡れた表面にエナメル塗料をかけて、化学物質で紙を作る。その後は熱を用いて材料組成を変えます。これはいくつかの私が使う技術です。各作品ごとに10から50までの層を塗りました。この層を塗ったり、削除したりするのは時間の流れ、エネルギーとプロセスを明らかにするほか、読者に作品の作り方についての会話に関心を呼ぶためです。 「これをどうやって作れたのか」という視聴者に聞かれた質問は大好きです。
スタジオの好きな所は教えてもらえませんか
ワークステーションのほうが好きです。この場所ではすべてのペイントを混ぜたり、道具をしまったりすることができます。プロセスが混乱になってしまうかもしれないので、清潔できちんとした場所で働くのが大好きです。

チェルシーのアートシーンのことを説明してもらえませんか。若いアーテイストの中にはサポートとコミューニテイの気持ちがありますか。

チェルシーのアートシーンは世界のアートのメイン動脈になりました。ここに世界で最も定評のあるギャラリーがいくつかあります。ほとんどの春と秋の火曜日は夜になるとギャラリー主催のパーテイーが始まる。それは非常にすごい!

アーテイストとアートが大好きな人々が最近のアートを見に出てきて、他のアーテイストと付き合えます。というわけで、チェルシーに働いているのは伝統的であるのに対して、ロワーイーストサイドとブルックリンには新興のアーテイストが多い。数年前ニューヨークのビジュアルアートスクールの居住に入って、アートワールドの素晴らしい友達ができました。まるで家族のようになりました。アーテイストのコミューニテイを作るのが非常に大切です。なぜならば、友情だけでなくインスピレーション、深いおしゃべり、批評、協力もできるからです。どこに作成しても、アーテイスト仲間のコミューニテイを作ったらいいとお勧めます。どこにいても、私たちは何でもできます!

最近、がっかりしたものは何ですか。そして、あなたを幸せにしてくれるものは何ですか?
 
最近、虚偽の現実、差別、憎しみだらけの変わりやすい世界に住んでいる。それにかかわらず、この環境は熱場と力を奮起して、私たちの声が聞こえるために確保してくれます。アートはまるで強い道具になりました!
来月、あなたの作品はどこで見ることができますか
 
過渡期に触発された新しい作品を働き始めたところです。エナメルの習ってきた錬金術の技術、スプレーペイント、創造のプロセスの中で瞬間を凍らせるためのポリマーを操作しています。
 

 

パロマウール

 

バルセロナに在留するデザイナーとアーテイストのパロマウールは斬新な創造についての深い洞察を教えてもらいます。彼女は抽象的で単純な視点から人間の体を真の形で表現する芸術家です。唯一無二のパロマウール!

 
 

パロマウールストアを始めた動機は?

 

25年前、両親が@nicethingspalomasというブランドを作ってくれました。実はそれと共に育ちました。私が自分のブランドを作り始めることを応援してくれたんですが、自分のブランドのプロジェクトをどうやって始まらなければならないのかははっきりしなかったです。実際には写真への情熱とアートとファッションの好奇心を繋げ始めた後は明らかになりました。

 
 

パロマウールを着ているのはどんな女性ですか

彼女が着ているものにあるストーリーの価値を認める女性向けの服だと思います。

 

デザインするときの必要なものは何ですか

ずっと集めてきたカラフルな織物が入っているびんを持っています。さらに、あちこちナッツの袋が置いてあるのは大切です。

 
 
 

あなたが新しいコレックションをデザインするための人を選ぶとしたら、誰をえらびますか

シモン・ポルテ・ジャクムスまたはコンスエロ・カステイグリオリを選ぶと思います。


 

sally mustang

さっきインスタグラムを使ってサリーを見つけて、彼女の写真を見るとすぐいい感じが出てきたなんて信じられなかったです。サリーはnature babyの定義です。サリーのような女性になることを熱望しています。上昇志向の女性ですから、彼女をインタビューをしてみると決めて、その結果は以下のようなものになりました。

 

今まで旅行したことのある10つの場所のリストを作ったら、どんな場所を選びますか

そうですね、そのリストの半分はオーストラリアにある場所だと思います。1年間自分の綺麗な国を旅行して素晴らしかった!

エスぺランスWAオーストラリア、ジャービスベイNSWオーストラリア、マルガレットリバーWAオーストラリア、フレイサーアイランドオーストラリア、ウイルソンプロムVICオーストラリア、インド、スリーランカ、日本、ニュージーランドの南島、インドネシア。

リストは続きますよ

 
 

5年間で何をしたいですか

人々に幸せになる方法を教えてあげたい。私はできる限りでこの世界のことをたくさん見たくて、綺麗で素晴らしいものが作りたいです。

 
 

写真を見ることによっていい感じになりました。健康なライフスタイルを生活できるように必要なものは何ですか

あなたの健康は富です。私は毎日私の体、心、魂のバランスを中心に生活しています。日の出を見るために朝5時に起床して、ほとんどの夜は10時に寝ています。それにヨガ、ジョギング、サーフィン、水泳、デザインなどの趣味があります。

 
 

あなたのスタイルはボヘミア人のような感じですね。あなたの5つのトップブランドは何ですか?

 

ヴィンテージが大好きで、op shopsというチャリティーショップで買い物をします。こうして服を買い替えることができます。ほとんどの持っている服は旅行中買いました。私が持っているのはアフリカのベスト、インドのサリ、日本のバンドのシャツです。

 

 

あなたのアートを見たんですが、どんなスタイルなのかを説明してもらえませんか。

 

これを答えるのはちょっと難しいと思います。これはよく聞かれているが、聞かれるたびにちょっと変わってきたことに気がつきます。実は私がペイントをするにつけ自分の世界にいるような感じになって、たまに特別のスタイルを使うことがありますが、一般的に自分の創造的なスタイルを使っています。これは抽象的で、以前見たことがある景色に基づくスタイルです。